Search
おうちチャレンジデー

参加自治体の声

年1回のスポーツイベントとしての活用に加え、地域の日常的なスポーツ振興のきっかけとしての活用など、チャレンジデーをまちづくりに活かしている自治体は数多くあります。
これまで参加した自治体担当者の声をご紹介します。

ラジオ体操のまちを推進・山梨県甲斐市

ラジオ体操のまちを推進

山梨県甲斐市

チャレンジデーでは「みんなでラジオ体操をしよう!」と参加を呼びかけてきました。
初参加から10年、多くの企業・団体が、日頃からラジオ体操をするようになり、「ラジオ体操のまち 甲斐市」が定着してきました。担当者としては苦労も多いですが、勝利を目指し地域が一体となる姿を肌に感じ、最終報告を終えた頃には他では味わうことのない達成感に包まれます。

ご当地体操で交流の場・神奈川県松田町

ご当地体操で交流の場

神奈川県松田町

メインイベント「ご当地体操あつまれ!」では、町で活動している健康づくり普及員や介護予防サポーターが一体となってご当地体操「まつだ健康体操」を普及しました。
また、近隣市町を招致し、それぞれのご当地体操をお互いに体験することで、多くの人が触れ合う交流の場にもなりました。
今後も町民の皆さんが一体となって運動しようという意識向上につながるように発信していきたいと思います。

村民ぐるみの恒例行事・岡山県新庄村

村民ぐるみの恒例行事

岡山県新庄村

14年連続で参加し、健康増進に向けた村民ぐるみの恒例行事として定着しています。
未就学児からお年寄りまで世代ごとに楽しめるプログラムを用意しており、なかでも早朝ウォーキングの参加率は毎年50%を超えます。
ゲートボール大会では村外のグループとの交流が年々深まっていて、人々の絆をつなぐスポーツの醍醐味を再認識する機会となっています。

地元住民から観光客まで・沖縄県石垣市

地元住民から観光客まで

沖縄県石垣市

運動するきっかけ作りになることはもちろんのこと、市を国内外にアピールする良い機会になっています。
空港で行ったイベントでは、観光客にチャレンジデー参加を呼びかけながら地元の泡盛やマラソンTシャツを配ることでマラソン大会を広くPRする機会にもなりました。
地域住民から観光客まで、島全体を巻き込める良いイベントです。

自治体間の交流も促進・秋田県秋田市

自治体間の交流も促進

秋田県秋田市

今年で5回目の参加となり、年に一度の恒例イベントとして定着、浸透しつつあります。
また、自治体対抗という画期的な取り組みにより、自治体間の交流促進や、まちのにぎわい創出の一助とすることができました。
加えて、興味を引くような企画や広報の手法等、他の自治体から多くを学ぶまたとない貴重な機会となっています。

30年以上にわたって実施・北海道名寄市

30年以上にわたって実施

北海道名寄市

独自で実施していた期間も含め、チャレンジデーを通算で32回実施してきました。
最大の取り組みは「市民綱引き大会」で、参加選手は1,600名を超え、応援はその倍近い数の市民が会場に集い、白熱した闘いが繰り広げられます。
綱引きを通じて、運動や健康づくりの意識向上と仲間づくりが図られ、チャレンジデーをきっかけとしたまちづくりにも寄与しています。