Search
おうちチャレンジデー

ミッション・ビジョン

ミッションMission

SPORT FOR everyone

未来に夢を描き、行動するシンクタンクとして
スポーツを通じたソーシャルイノベーションを推進します

笹川スポーツ財団が目指す“Sport for Everyone社会”とは国民一人ひとりが日常生活や人生の中でスポーツを楽しんでいる世界観を表しています。
スポーツが持つ様々な「価値」を活かしながら、社会課題を皆で解決し、日本に暮らすすべての人々が明るく健康に満ちた「共生」の社会です。
多世代・国籍・性別・障害の有無といった多様な属性の共生により、国民一人ひとりのQOL(Quality of Life)が高まる社会です。
「誰でも・どこでも・いつでも」スポーツに親しみ、スポーツを通じてより良い生活環境が形成され、誰もが幸福を感じられる社会づくり(ソーシャルイノベーション)を使命とした公益活動に取り組んでいます。

ビジョンVision

Think × Do の両機能・資源(Tank)による活動を行い、
Sport for Everyone社会の実現を目指します。

笹川スポーツ財団は、他に類のない「実践型のスポーツ専門のシンクタンク」として、客観的な分析・研究に基づく実現性のある政策(提言・提案)、そしてその政策を様々な機関や組織と連携・実践し評価・検証する、或いは、実践活動を通じた様々な社会課題を調査・研究に反映するといった「ドウタンク」の機能を活かしつつ、Sport for Everyone社会の実現を目指します。

調査・研究[Think Tank]

科学的な研究

国内外のスポーツに関する情報収集および調査分析を行い、科学的に研究する機関として重要な位置を占める

多様な社会的価値を追求

スポーツの持つ多様な社会的価値を追究するとともに、先進的な知見の普及および情報共有の拠点となる

調査・研究

財団内にスポーツ政策研究所を組織し、Mission&Visionの達成に向けた活動の柱に基づき、様々な研究調査活動を行っています。外部有識者との研究ユニットは複眼的なアプローチを可能とし、研究結果に基づいた政策提言や企画提案を行います。

実践・連携[Do Tank]

社会課題の解決

社会課題の解決にスポーツの価値が生かされるモデルを開発し提供するとともに、協働・実践の中核となる

「する」「みる」「ささえる」環境の充実

スポーツ振興を目的とする諸機関と連携して、スポーツを「する」「みる」「ささえる」環境の充実を図る推進役となる

実践・連携

自治体・スポーツ組織・企業・教育機関等と連携し、スポーツ推進計画の策定やスポーツ振興、地域課題の解決につながる取り組みを共同で実践するなど、地域住民の健康増進施策やスポーツを通じたまちづくり(地域活性)の支援を行います。

活動領域Our Field

Mission&Visionの達成に向けて7つの活動の柱( 領域 )を設定

  • スポーツによる地域活性化
  • 子どものスポーツ
  • 障害者のスポーツ
  • スポーツボランティア
  • スポーツによる健康増進
  • スポーツ人材
  • スポーツガバナンス

笹川スポーツ財団とはSport for Everyone