Search
おうちチャレンジデー

Sport Policy for Japan

日本のスポーツをより良くする。

大学生による政策提言発表

Sport Policy for Japanとは

Sport Policy for Japan

Sport Policy for Japanとは、日本のスポーツの現状や将来について問題意識を持つ大学3年生が、所属大学の枠を超え、政策提言を持ち寄り、意見を交換と交流を図る場です。スポーツ科学、スポーツマネジメント、スポーツ政策の研究者、外部有識者等による評価と表彰も行います。
2019年度は24大学、61チーム、327名の学生が参加しました。

笹川スポーツ財団では、Sport Policy for Japanを主催し、学生の「自分たちの力で日本のスポーツをより良くしよう!」という情熱を応援します。

Sport Policy for Japanの様子1
Sport Policy for Japanの様子2
Sport Policy for Japanの様子3

2020年SPJ大会

2011年の第1回大会から笹川スポーツ財団の主催によって開催されてきましたが、 本年度はSport Policy for Japan企画委員会と日本スポーツ産業学会の共催、また笹川スポーツ財団に加え、今年から大学スポーツ協会(UNIVAS)の後援で開催されます。

新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、各大学の授業開始が遅れたことを考慮し、例年よりも1か月後ろ倒しした11月21、22日の開催となります。オンラインを活用したより充実したイベントとなるよう計画中です。

過去のSport Policy for Japan